assemble of baccarat

バカラ攻略専門&オンカジ情報

オンラインカジノの税金関係ってどうなってるの?

カジノの法律&税金

オンラインカジノを始めた後にふと気になること。

 

『これって何百万とか勝ったら税金どうなるのかなぁ…』

 

そもそもギャンブルに税金がかかるイメージがあまりないので、実際どうなってるのか心配になりますよね^^;

ということで、今回は

・オンラインカジノで税金はかかる?
・どのくらい勝ったら払うの?

・実際の計算方法の例

この辺についてお話していこうと思います( ・ᴗ・ )

※今回のお話は一般論としてお伝えするので、個別での事例は税理士さんに相談するのをお勧めします。※

そもそもギャンブルに税金ってかかるの?

日本ではギャンブルといえば、パチンコ・競馬・宝くじのイメージが強いですよね。

大勝ちしたー!なんて話は聞きますが、税金も払ったー!って話は聞かないし、
ギャンブルで脱税して逮捕されたってニュースも聞いたことも無し(・。・)

なのでギャンブルで勝ったら税金が発生すると知っている人も少ないと思うのですが、実際はギャンブルで得たお金は『一時所得』という部類の『所得』になります。

例えば、会社でもらう給料も所得税として天引きされてますよね。

あれも所得に対しての税金なので、それと同じようにギャンブルもお金を得ている時点で所得とみなされるので、税金がかかります。

なぜギャンブルで税金を払っているイメージがないの?

『じゃあなんで競馬とかパチンコで勝った人が税金を納めてるって聞いたことが無いの?』

という部分なのですが、この二つは、

『現金を直接当たった人に支払う仕組み』

になっています。

銀行口座を介さないため、実際のお金の流れが把握できないので支払っていないのを見逃されているだけ。(本来は納税が必要)

というのが実情です(・。・)
(宝くじは例外であらかじめ税金が引かれているので今回の話からは省きます)

一方オンラインカジノでは、銀行口座を通して入出金をする必要があるので勝った分の金額を出金した時点で記録が残ります。

税務署側がお金の流れを把握することができるため、納税しないと追求される可能性があるので納税はするものと覚えておきましょう!

実際にどのくらい勝ったら税金を払わなければいけないの?

ということで、オンラインカジノで勝ったら税金を納めなければいけないということがわかったのは良いのですが、

実際にどのくらい勝ったら納税しなければいけないの?

ってとこが気になりますよね。

結論から言うと、

年間70万円以上勝ったら確定申告と納税が必要

になります。

ここからはその仕組みを細かく説明するので、気になる方は読んでみて下さい( ・ᴗ・ )

1.オンラインカジノで勝ったお金は『一時所得』になる

オンラインカジノで得たお金は、所得の部類の中で『一時所得』というものにあたります。

国税庁のHPによると、

1 一時所得とは
一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
この所得には、次のようなものがあります。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
(2) 競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)
(3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
(4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものを除きます。)
(5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等
引用:国税庁HP

となっています。

オンラインカジノで得たお金は、(1)の賞金品や(2)の払戻金にあたります。

そのため、一時所得として一定の儲けが出たら確定申告をしていくようになります。

2.いくら勝ったら一時所得がかかるようになる?

一時所得を申告するには個人で確定申告をする必要があります。

申告が必要になる場合は、

・一時所得の特別控除50万円を超えた時
・給与等以外の所得が20万円を超えた時

になります。

よって、

オンラインカジノの利益分が70万円を超えたら申告して納税する必要がある。

ということになります。

この利益分の計算方法や定義が少しわかりにくいので、次の項目で説明していきます^^

3.そもそも一時所得とは?

オンラインカジノで勝ったお金が一時所得にあたるとこまではわかったものの、そもそも一時所得ってなんぞや?というとこですが、

一時所得とは収入を得るためのお金を収益から引いた金額

となります。

例えば、100万円勝った分からその勝ち分を積み上げるのにベットした金額を引いた金額が一時所得。といった形になります。

ですが、このベットした金額は負けた日のベット額は引くことができず、
勝った日のベット額だけ引くことができるというルールが存在しています。

この辺から『何言ってんの?』なところだと思うので、例を使いながら順に説明していきます。

4-1.一時所得の計算方法①

まず、一時所得の計算方法は、国の法律では一旦難しい言い方をしますが、

 総収入金額-収入を得るために支出した金額(注)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額
(注) その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限ります。 引用:国税庁HP

と定められています。

これをオンラインカジノに当てはめると、

●オンラインカジノ上の計算
【一時所得】=(総利益の金額)ー(総利益を得るためにベットした金額*1)ー特別控除額(最高50万円)

で計算できます。

ですが、ここで必ず注意なのが*1の総利益を得るためにベットした金額なのですが、

収益が最終的にマイナスで負けた日のベット額を含めることはできない

というルールがあります。

というのは、一時所得の定義が、『利益を得るために支出した金額』と定めているので『負けた日は利益が得られてない』とみなされるため、対象外となるからです。

例えば、ある人が1年間で3日間プレイした結果が以下のようだった場合を見てみようと思います。

例)ある人が1年間で3日間プレイした場合
プレイした日 勝った金額 (A) ベットした金額(B) その日の利益(A-B)
1/7 60万円 10万円 50万円
5/3 10万円 50万円 -40万円
9/27 30万円 10万円 20万円

という収支だった場合、5/3の利益がマイナスで負けた日はどの項目もカウントせず、利益がプラスで終わっている1/7と9/27分のみ計算します。

プレイした日 勝った金額 (A) ベットした金額(B) その日の利益(A-B)
1/7 60万円 10万円 50万円
5/3 10万円 50万円 -40万円
9/27 30万円 10万円 20万円

【一時所得】=(総利益の金額)ー(総利益を得るためにベットした金額)ー特別控除額(最高50万円)に当てはめると、

【一時所得】=(60万円+30万円)-(10万円+10万円)-50万円==20万円

となります。

5/3に負けたマイナス40万円も引いて、一時所得を0円にして税金を抑えたいところですが、それはできないので注意しましょう><

そして最後に、一時所得は1/2を掛けた金額が実際の課税対象金額になるので、実際に課税対象になるのは、例のパターンの場合だと10万円分が課税対象ということになります。

ここから厳密に言えば今回のオンラインカジノとは別の給与や事業所得があれば、それらを合算して最終的な納税金額が算出されます。

※今回はオンラインカジノでの税金に焦点を当てているので、オンラインカジノでのみ所得を得ているという条件でここから話を進めていきます。

4-2.一時所得の計算方法②

一時所得の課税対象金額がわかったところで、今度は税率を掛けて最終的に支払う税金の金額を調べていきます。

先ほどの例のパターンでいくと、課税対象額は10万円となったので税率は5%と定められています。

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

引用:国税庁HP

控除額もないので、単純に100,000(円)×0.05(%)=5,000(円)が納税する金額となります。

このように、計算がちょっと複雑で(含めて良い数字とダメな数字があったり)面倒な印象ですが、ほったらかしてると『君、納めてなかったね』と後から追加で徴収されたりするので、

オンラインカジノで勝ったら税金は納めるもの!

と頭の片隅に置いておけば極度に怖がるものではないので、安心してオンラインカジノを楽しんで下さい^^

☆この記事を書いた人☆

yuto

当サイトでは「バカラ」や「海外旅行」などについて主に書いています。
興味がありましたらぜひ他の記事も読んでみてください!

【免責事項】

当サイトで掲載している記事及び画像、動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
権利を侵害する目的は一切ございませんので、記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人よりお問合せフォームからご連絡をいただけますようお願いいたします。
確認次第、修正・削除などの対応をとらせて頂きます。
当サイトは正確な情報を掲載するよう注意を払い更新に努めておりますが、情報の正確性について保証するものではなく、当サイトのご利用で起きたいかなる問題も一切の責任を負いません。

カジノの法律&税金バカラとは
assemble of baccarat

コメント